June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

劇団、本谷有希子 第8回公演「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(2004年再演版)



映画化もされている作品だが、舞台版の方が断然いい。薄々気付いてたけど、吉田大八はこの物語の本質を読み解けていない。

作・演出:本谷有希子/DVD/(公式サイト

陽炎座



『ツィゴイネルワイゼン』が狐につままれたような映画なら、『陽炎座』は狸囃子で道に迷ったような映画。

監督:鈴木清順/北千住シネマブルースタジオ/★5(95点)再鑑賞(本家
» read more

燃えつきた地図



これが後々「警視-K」に繋がるのだな。現代音楽みたいな映画。いろいろ噛み合ってない。

監督:勅使河原宏/ラピュタ阿佐ヶ谷/
★2(48点)本家
» read more

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章



俺も小松菜奈に命令されたい。


監督:三池崇史/ユナイテッド・シネマとしまえん/★3(55点)本家公式サイト
» read more

砂の女



人は生きるために働くのか働くために生きるのか。人間の尊厳と存在証明。

監督:勅使河原宏/ラピュタ阿佐ヶ谷/★5(95点)本家
» read more

ツィゴイネルワイゼン



大学生の頃に衝撃を受けて約30年。愛してやまない生涯ベスト1映画。

監督:鈴木清順/北千住シネマブルースタジオ/★5(100点)再鑑賞(本家
» read more

おとし穴

おとし穴

安部公房との最初のコンビ作であり勅使河原宏の長編第一作。社会派不条理前衛喜劇
監督:勅使河原宏/ラピュタ阿佐ヶ谷/★4(75点)本家
» read more

台北ストーリー〈4Kデジタル修復版〉



エドワード・ヤン作品を観ると「映画ってこういうことだよな」としみじみ思う。エドワード・ヤンの長編第2作。没後10年で日本初公開。改めて早逝が惜しまれる。
監督:エドワード・ヤン/ユジク阿佐ヶ谷/★4(75点)本家公式サイト
» read more

「幸せ最高ありがとうマジで!」



舞台をDVDで見るのは本意ではないのだが、もう見られないんだから仕方がない。本谷有希子最高!永作博美最高!ありがとうマジで!

作・演出:本谷有希子/DVD/(公式サイト
<<back|<3456789101112>|next>>
pagetop