June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アパートの鍵貸します

監督:ビリー・ワイルダー/TOHOシネマズ六本木(再鑑賞)/★5(100点)本家

8年ぶりの再鑑賞にして初のスクリーン鑑賞。最近のマスカラは泣いても落ちないんだとよ。

(11.01.04 TOHOシネマズ六本木にて再鑑賞)

以前の感想

アブラクサスの祭

アブラクサスの祭監督:加藤直輝/テアトル新宿/
★3(58点)本家公式サイト

後ろ頭の映画。画面がロックになる瞬間があるも、ちょっと監督が真面目すぎる。
» read more

悪人

悪人監督:李相日/ユナイテッドシネマとしまえん/
★5(90点)本家公式サイト

リ・サンイルの『愛の嵐』
» read more

愛のむきだし



監督:園子温/CS/★5(92点)再鑑賞本家

「いつかまた観たい」と言っていたものをほぼ一年後にまた観た237分。暑い季節に熱いものを。

アウトレイジ

監督:北野武/ユナイテッドシネマとしまえん/
★2(40点)本家公式サイト

カタルシスに向けて溜めるべきものを溜めないまま、すかしっ屁を垂れ流すヤクザコント集。中野英雄ファンは必見。
» read more

ああ爆弾



監督:岡本喜八/DVD(再鑑賞)/★4(88点)
本家

公開時2本立て興行のB番組で、メイン興行は『砂の女』だったんだってよ。どんなカップリングじゃ。
» read more

アバター(3D)


監督:ジェームズ・キャメロン/TOHOシネマズ日劇/★3(50点)本家公式サイト

企画はこうして作られる・・・はずがない
» read more

アンナと過ごした4日間


監督:イエジー・スコリモフスキ/渋谷シアターイメージフォーラム/★4(70点)本家

巧みな映像表現で存分に味わえる映画の醍醐味。抑圧された欲望を象徴するかの如き空の色が印象的。彼の前に立ちはだかる最大の壁は階級差といった社会なのかもしれない。

日本公開2009年10月17日(2008年 ポーランド=仏)

足にさわった女(1960年版)


足にさわった女

監督:増村保造/CS録画/
★3(50点)本家
話やキャストは面白いのに、映画がいまいち面白くないのは何故だ?
» read more
<<back|<123456789>|next>>
pagetop