July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

8人の女たち




監督:フランソワ・オゾン/渋谷シネマライズ/★4(75点)再鑑賞↑(本家

再鑑賞してもやっぱり、すごいものを見せられたようなそうでもないような・・・
» read more

ハート・ロッカー


監督:キャスリン・ビグロー/ユナイテッドシネマとしまえん/★4(89点)本家公式サイト

人の行動は大きく分けて2パターンだというのを読んだことがある。マイナスをゼロにする行動とゼロをプラスにする行動。
» read more

パレード


監督:行定勲/渋谷シネクイント/
★4(75点)本家公式サイト

マルチバースとは、打って守って走れるバースのことではない。だってそんなバースはいないからね。
» read more

パブリック・エネミーズ


監督:マイケル・マン/渋東シネタワー/
★3(51点)本家公式サイト

分からんではないのだが、結果として「あの時代の銃は味があったね」と言ってるだけの映画。やってることは『マイアミ・バイス』と変わらん。危険だなあマイケル・マン。
» read more

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>




監督:パーシー・アドロン/渋谷ユーロスペース/★4(70点)本家

20周年記念ニュー・ディレクターズ・カット版を鑑賞。「ベガスのショーよりすごいぜ」とベガスのショーを見ることのない層の人間が言う映画。20年前でなきゃ分からない空気があるのも事実だが、20年前の俺には理解できなかったのも事実。
» read more

破戒




監督:市川崑/新宿角川シネマ/
★3(65点)本家

どこぞの誰かが言っていた。市川崑・和田夏十は人間を丁寧に描こうとしている。これが大島渚だったら「戦闘映画」になっていただろう、と。
» read more

母なる証明


監督:ポン・ジュノ/渋谷シネマライズ/
★5(90点)本家公式サイト

不快ゾーンを超え感傷的な情緒を排除したら、見えてきたのはヒッチコック級の手練手管。映画の醍醐味を堪能した。
» read more

パイレーツ・ロック



監督:リチャード・カーティス/新宿武蔵野館/
★3(62点)本家公式サイト
遠足バスの最後部席を陣取ってワイワイ騒いでいるクラスメイトを横で眺めているような映画。
» read more

パンドラの匣



監督:冨永昌敬/テアトル新宿/
★4(80点)本家公式サイト

これこれ!私の抱く太宰感満載。まったくもって個人的な感想だけど、懐かしくって楽しい。
» read more
<<back|<12345678>|next>>
pagetop