January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009(平成21)年マイベスト

観た映画110本(再見22本含む)、内劇場鑑賞90本。5年ぶり100本超え。
邦画は10本揃えられなかった。
洋画1『母なる証明』(ポン・ジュノ監督)
邦画1『愛のむきだし』(園子温監督)
2010.1.21『マイマイ新子と千年の魔法』追加
» read more

2008(平成20)年マイベスト

観た映画85本(再見10本含む)、内劇場鑑賞72本。
昨年に引き続き劇場鑑賞数は多いがDVD等鑑賞少ない。
昨年はカウリスマキ特集に通った分を割り引けば、過去5年で今年が劇場鑑賞数最多。
洋画不作。10本揃えられなかった。一方邦画好調。10本選ぶのに苦労した。
洋画1『ノーカントリー』(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
邦画1『ぐるりのこと。』(橋口亮輔監督)
» read more

2007(平成19)年マイベスト

観た映画91本(再見10本含む)、内劇場鑑賞76本。一昨年並の鑑賞数に戻す。劇場鑑賞数大幅増。
今年はカウリスマキ特集に通って全作品制覇。邦画は、周防正行、塚本晋也、阪本順治、黒沢清、塩田明彦、熊切和嘉、山下敦弘と好きな監督目白押しだった。結果はともかく。

洋画No.1 『オーシャンズ13』(スティーブン・ソダーバーグ監督)
邦画No.1 『それでもボクはやってない』(周防正行監督)

» read more

2006(平成18)年マイベスト

観た映画84本(再見12本含む)、内劇場鑑賞54本。昨年より鑑賞数減少も劇場鑑賞数は増加。
邦画は厳選したらいいラインナップになった。

洋画No.1 『プロデューサーズ』(監督:スーザン・ストローマン)
邦画No.1 『時をかける少女』(監督:細田守)
» read more

2005(平成17)年マイベスト

観た映画96本(再見12本含む)、内劇場鑑賞47本。少ないな。
★5は洋画1位だけ。2006.06追記:邦画1位変更。2006.10追記:邦画2位変更。
» read more

2004(平成16)年マイベスト

観た映画116本(再見20本含む)、内劇場鑑賞64本。
迷わず★5は『ベルヴィル・ランデブー』と『深呼吸の必要』だけ。
» read more
<<back|<12
pagetop