January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

パラサイト 半地下の家族



「リスペクト」できない。どうも私はポン・ジュノの「匂い」が苦手のようだ。

監督:ポン・ジュノ/吉祥寺オデヲン/★3(69点)
本家公式サイト
» read more

フォードvsフェラーリ



古臭い英雄譚。カーレース版『相棒』。フェラーリ関係ないし。

監督:ジェームズ・マンゴールド/TOHOシネマズ日比谷/★3(60点)本家公式サイト
» read more

沈黙〈デジタルリマスター版〉



ベルイマン「神の沈黙」3部作の最終章。実は「女って面倒くさい3部作」じゃないかと思う。

監督:イングマール・ベルイマン/ユジク阿佐ヶ谷/★4(70点)本家公式サイト
» read more

鏡の中にある如く〈デジタルリマスター版〉



ベルイマン「神の沈黙」3部作第1弾。難しくて感想書けないから観なかったことにしたい。

監督:イングマール・ベルイマン/ユジク阿佐ヶ谷/★3(65点)本家公式サイト
» read more

冬の光〈デジタルリマスター版〉



ベルイマン「神の沈黙」3部作の第2弾。難しい。めちゃくちゃ難しい。感想書けないから観なかったことにしたい。
監督:イングマール・ベルイマン/ユジク阿佐ヶ谷/★3(60点)本家公式サイト
» read more

シャレード〈デジタル・リマスター版〉



ヒッチコック風お洒落サスペンス。今観ると、今時ハリウッドの原型に思える。

監督:スタンリー・ドーネン/BS/★4(88点)再鑑賞→(本家
» read more

昼下りの情事



2011年以来の鑑賞。100点満点、トリプルA映画。イニシャルAのAperitifみたいな女の子のAfternoonの物語。

監督:ビリー・ワイルダー/BS/★5(100点)再鑑賞(本家

2019年マイベスト

年間累計:わずか57本(新作42本 旧作15本)
内再鑑賞4本 劇場鑑賞51本

今年は忙しかったせいもあり最低の鑑賞本数。なのに意外と豊作。
------------------------------------------------
2019新作マイベスト
◇洋画
運び屋』(クリント・イーストウッド監督)
◇邦画
ウィーアーリトルゾンビーズ』(長久允監督)
» read more

家族を想うとき



せめて正しい方向性を示す邦題にしようよ。この映画の家族より観客が可愛そうだ。

監督:ケン・ローチ/ヒューマントラストシネマ有楽町/★4(70点)本家公式サイト
» read more

この世界の(さらにいくつもの)片隅に



タンポポ薄め、右手多め、説明マシマシ。欲してたのはこんな味じゃない。

監督:片渕須直/TOHOシネマズ西新井/★3(65点)(本家/公式サイト
» read more

冬時間のパリ



オリヴィエ・アサイヤスの「文学部唯野教授」。


監督:オリヴィエ・アサイヤス/渋谷Bunkamuraル・シネマ/★3(68点)本家公式サイト
» read more

カツベン!



結果、『雄呂血』が一番面白い。それも必然。いや、それも計算のうち。

監督:周防正行/ユナイテッド・シネマとしまえん/★4(71点)本家公式サイト
» read more
12345>|next>>
pagetop