July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2008(平成20)年マイベスト

観た映画85本(再見10本含む)、内劇場鑑賞72本。
昨年に引き続き劇場鑑賞数は多いがDVD等鑑賞少ない。
昨年はカウリスマキ特集に通った分を割り引けば、過去5年で今年が劇場鑑賞数最多。
洋画不作。10本揃えられなかった。一方邦画好調。10本選ぶのに苦労した。
洋画1『ノーカントリー』(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
邦画1『ぐるりのこと。』(橋口亮輔監督)
------------------------------------------------------------------
◇洋画
1.『ノーカントリー』(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
2.『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(ポール・トーマス・アンダーソン監督)
3.『WALL・E ウォーリー』(アンドリュー・スタントン監督)
4.『リダクテッド 真実の価値』(ブライアン・デ・パルマ監督)
5.『タクシデルミア ある剥製師の遺言』(パールフィ・ジョルジ監督)
6.『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(ベン・スティラー監督)
7.『つぐない』(ジョー・ライト監督)
8.『ラスト、コーション』(アン・リー監督)
9.『ミスター・ロンリー』(ハーモニー・コリン監督)

◇邦画
1.『ぐるりのこと。』(橋口亮輔監督)
2.『ひゃくはち』(森義隆監督)
3.『パコと魔法の絵本』(中島哲也監督)
4.『ハッピーフライト』(矢口史靖監督)
5.『パーク アンド ラブホテル』(熊坂出監督)
6.『全然大丈夫』(藤田容介監督)
7.『トウキョウソナタ』(黒沢清監督)
8.『たみおのしあわせ』(岩松了監督)
9.『ジャージの二人』(中村義洋監督)
10.『歩いても歩いても』(是枝裕和監督)

(リンク先はMyComment)(注記なきものは同年劇場鑑賞)

---------------------------------------------------

◇勝手に選んだペペチー賞
主演女優賞:木村多江(『ぐるりのこと。』)
助演男優賞:トム・クルーズ(『トロピック・サンダー』)

comments

   

trackback

pagetop