March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

4分間のピアニスト




監督:クリス・クラウス/渋谷シネマGAGA/★4(85点)
本家goo movie公式サイト

人生最後の輝きを演出できる人は幸せだと思う
老女は知っている。
これが人生最後に出会えた“美”であることを。
だから必要以上に固執する。

若い女は知っている。
これが最後の機会であることを。
だから心のままにプレイする。

たいへんシビアな話だが、見方を変えれば、彼女達は幸せなひとときを過ごしたように思える。
それはハリウッド的な安易なハッピーエンドなどではない。
お互いに衰弱するほど魂をぶつけ合った果てに見える一瞬の光である。
終始仏頂面の老女と攻撃的な女が、表面的な傷の舐め合いではなく、深層に大きく横たわる闇を静かに溶解させた先に瞬く光である。

一瞬だが、真の輝き。

その瞬間を、この映画は映像として捉える。
もちろん演奏も素晴らしいが、音楽だけに頼っているわけではない(感動的な音楽に頼った映画がなんと多いことか)。もちろん台詞に頼ることもない。
映画として、映画らしい瞬間を見事に捉えている。
良い話だし、良い映画だ。

個人的に、ドイツ映画は登場人物の感情が理解できない場面が多いような気がするのだが(この映画も例外ではないのだが)、冒頭から力のある映像でグッと引き込まれる。

日本公開2007年11月10日(2006年 ドイツ)115分

comments

   

trackback

pagetop