October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本以外全部沈没




監督:河崎実/シネセゾン渋谷/★3(65点)
本家goo movie公式サイト

この映画の制作は「稲川素子事務所」だろ?
筒井ワールド、筒井テイストが存分に表現されていた。面白かった。
おそらく、学校教育で言うところの「道徳」こそが正しいと思っている人は激怒するだろう。
それくらい正しく「筒井康隆」していた。

樋口『日本沈没』とは比べ物にならないほどの低予算映画であることは、観ていて、否、観る前から分かる。
特撮諸々「画面」は樋口『日本沈没』の圧勝であることは言うまでもない。ていうか、チープの極み。

ただ、内容的には本作の圧勝と言ってもいい。
「どちらが感動的か?」と問われたら、迷わず「『日本以外全部沈没』!」と私は答えるだろう。
それは、小松左京と筒井康隆の差ではない。
原作の本質を見落としたままアレンジした樋口『日本沈没』と、筒井テイストをそのまま押し出した本作の差である。
そして私が筒井康隆を読んで育ったイケナイ大人だからである。

旧『日本沈没』は、日本人の(というか人間の)「善」の面がよく描かれていた。
本作は「悪」の面がよく描かれている。
そして『樋口沈没』は何も描かれていなかった。
この映画を観ると、そのことがよく分かる。

2006年9月2日公開(2006年 トルネード・フィルム)

comments

   

trackback

pagetop