May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

青春☆金属バット


青春☆金属バット

監督:熊切和嘉/場所等/★3(65点)goo movie公式サイト

叶わぬ夢に捕らわれた男と、果たしてしまった夢に縛られた男。
そして現在、二人の男は、社会に適応できていないという意味で、同じポジションに立っている。

グラウンドを夢見て10年間素振りを続けてなおグラウンドに登れない男と、そのグラウンドから既に降りてしまっている男。
グラウンドは、彼らにとって夢であるばかりか社会でもある。
ドラマツルギーから言えば、ストーリー上に必然性があろうとなかろうと、雌雄を決さなければならない。もちろん、舞台は夢のグラウンドだ。
女の素性なんか関係ない。女はあくまで動機、あるいはきっかけの一つにすぎない。これは、男と男の物語だ。

この熊切という監督、そのデビュー作(というか卒業製作)『鬼畜大宴会』の鬼畜っぷりが取り上げられることが多いが(私は未見なのだが)、実は巧い人なのではないだろうか。
いやあ、正直、初めて観たんだけどね。
画面(えづら)的にはともかく、描写は巧いと思う。もちろん、原作に負う所もあるのだろうが。

おそらく、初めて「商売」を意識した作品に仕上がってるのではないだろうか。他の作品観てないけど。
すごく楽しみな監督、とまではいかないが、小さくまとまらずに商業ベースに乗せられる力量があるかもしれない。と、ちょっと期待している。

2006年8月26日公開(2006年 古泉智浩・秋田書店/日本出版販売/ビクターエンタテインメント)


comments

   

trackback

pagetop