July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

井上陽水コンサート2006

at:東京国際フォーラム

今回は人のいい陽水だった

東京国際フォーラムAホールで見るコンサートって初めてだったけど、凄く音がいいのね。
あれだけバカでかいホールであれだけの音響を維持できるって、凄いことだと思う。
と、いきなり会場評だが、陽水の最大の特徴は、その「声」にあるのだから、音響は良くあってほしい。

この日はツアーの最終日だったそうで、今回の陽水はサービス満点。
演奏する楽曲も「ゴールデン・ベスト」系のメジャー曲が多く、トークもいつもより多め。

井上陽水公園の歌碑「夏まつり」も歌ったのですが、
(たしかこれは元々、地元は「少年時代」を希望し陽水は「ジェラシー」を希望していたと記憶している)
「歌碑、歌碑、って皆さん軽くおっしゃいますけどね」と陽水。
歌碑がいかに大変なことかということを語るわけです。
「天変地異なんかあるとね、ハードディスクとかCDとかダメだと思うんです。本も怪しいかな。そこへいくと、石に刻まれているわけですから。」
「大変なこと」の理由はそこかよ!
pagetop