September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

愛の嵐(ノーカット完全版)




監督:リリアーナ・カヴァニー/新宿K'Sシネマ/★4(77点)(再鑑賞→)/本家goo movie

俺の脳内で再編集されていた。

20年ぐらいぶりに再鑑賞。
なんぞ知らんが『ルー・サロメ 善悪の彼岸』という登場人物の誰にも共感できないショーモナイ映画の完全版が公開されており、その余波の臨時レイトショーのおかげで劇場鑑賞。
彩プロという力の無さそうな配給会社のおかげで、今時流行りの「デジタルリマスター」無し。古いフィルムのまま、検閲カット箇所を修復しましたという代物。

再鑑賞して気付いたのは、「覚えていない」シーンが多かったこと。ノーカット完全版のせいではない。俺の脳内で再編集されていた。強烈なシーンのみ鮮明に覚えていた。
いやあ、純な大学生(当時)には刺激の強すぎる映画だったんですわ。超エロい映画のような気がしていたんだけど、今観るとそうでもない。むしろ、痛いほど純な映画であることに気付かされる。

「この世に世界で二人だけ。」この映画に持つ最大の印象はこれだ。

途中、シャーロット・ランプリングが猫みたいに見えるところがある。
「貴婦人」として登場した彼女が、一人の「女」に変貌し、「猫」のように野生化する。
そして最後には、追い詰められ腹をすかせ、ナチスの「捕虜」と同じ姿に戻っていく。
捕虜が動物よりも下であることを暗示させる描写。

リリアーナ・カヴァーニ唯一の傑作にして、シャーロット・ランプリング(意外にも寡作)を映画史上に残る女優にしたこの映画。ノーカット完全版をスクリーンで観られたことに感謝。ま、デジタルリマスターしてほしかったけどね。

( 1973年 伊)


comments

   

trackback

pagetop