November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

八つ墓村(稲垣ゴロー版)

TVドラマ・特番(再放送)/フジテレビ/★2公式サイト

「八つ墓村」は常に駄作だ。
稲垣ゴローの金田一耕助シリーズ第2弾。の再放送。何故なら、翌日放映の第3弾「女王蜂」の宣伝だから。

私は、特に横溝正史のファンというわけでも金田一耕助のファンというわけでもない。
言うまでもなく、石坂浩二が金田一を演じる「市川金田一」のファンである。
「今一番観たい映画は何か?」と問われれば、1年365日の内230日位は「『犬神家の一族』(もちろん市川崑監督)!」と答えるであろうほど、市川金田一の大ファンなのである。
従って、稲垣金田一シリーズ第1弾「犬神家の一族」は見るに耐えなかったし、この本放送も見なかったのである。

では何故再放送を見る気になったのか?ただの気まぐれである。
一つあるとすれば、シリーズ通して演出が星護だと知ったこと。映画ではパッとしないが(『笑いの大学』)、テレビドラマでは特徴のある面白い演出をする人なのである。
ちなみに脚本は佐藤嗣麻子。映画『エコエコアザラク』の監督である。

で、このドラマを見て思ったのだが、「八つ墓村」ってよく知らない(笑)。
だって、市川金田一にないんだもん。いや、市川崑監督でトヨエツ金田一のが紛れもなく『八つ墓村』なのだが、あれは市川金田一と呼びたくない(笑)。だから私の記憶から消し去っている。ああ、野村芳太郎の『八つ墓村』(渥美清が金田一耕助の奴ね)も観てるな。橋本忍脚本にも関わらず駄作だったなあ。
だから『八つ墓村』は2回くらいしか観てない。ほら、『犬神家の一族』や『女王蜂』は五万回くらい観てるから。

というわけで『八つ墓村』は常に駄作なのである。何故なのかは分からないが、『八つ墓村』はいつもダメ、八つダメ村なのである。そして、このドラマも例外ではないのであった。

いや、藤原竜也は良かったよ。若村真由美様も美しかったし。りょうもね。あ、ゴローちゃんはダメだ。

comments

   

trackback

pagetop