October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

この胸いっぱいの愛を

監督:塩田明彦/新宿スカラ/★4(74点)本家gooDB公式サイト

塩田明彦が描くのは、甘い「お涙頂戴」ではない。ドライな視点の「人生の不条理」という辛い話だ。
TBSを中心とした制作委員会は『黄泉がえり』の二番煎じを狙ったに違いない。基本的に、「メインの話よりサブエピソードの方が面白い」ことを含めて、二番煎じに違いはないのだが、その“狙い”の根幹が既に間違っている。一見“甘い”物語に見える『黄泉がえり』は、その実、主人公二人が触れ合うことすら許さないシビアな映画だったことに気付いていない。

苦しそうにみかんを拾うミムラの姿を描写し、「どうしてこんな思いをしながら生き続けなければならないのか?」「それでも生きろ」。これが塩田明彦の真骨頂。
本来ならここで映画は終わるはずである。塩田明彦作品をほとんど観ているが、後味が良かった映画なんて一本もない。「痛い」映画はあれど、「甘い」映画なんて一本もない。

それを知った制作委員会は難色を示しただろう。ま、私の想像ですが。なんともラストの妄想(?)は、「後味の良さ」を残すためだけの付け足しの感がある。そんな必然性の感じられないオマケですら、簡単にキスさせない(笑)。まったくもって人が悪い。

その後のミムラはちっとも楽しそうじゃない。ミスではない。明らかに意図だ。
“生と死”を(半ば無理矢理)絡めた全てのエピソードは、去りゆく者の自己満足でしかない。残された者に与えられたのは「人生の不条理」。

余談

丘の上でミムラがヴァイオリンを弾くシーンがある。このシーンのカット割りなんざぁ、教科書と言ってもいいくらい完璧。惚れ惚れしたし、ドキドキした。塩田明彦の演出は、破綻が無い分「名シーン」は生れないかもしれない。

2005年10月8日公開(2005年 東宝配給=TBS他)


comments

   

trackback

pagetop