November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

七子(ななこ)と七生(ななお)

NHK・特番/★2

蒼井優と石田えりなんて、観るしかないだろ。
瀬尾まいこ「7's blood」というのが原作らしいが、公式サイトもなければ木曜日なんて中途半端な日にたいして宣伝もせず放映している辺り、NHKはあまり力を入れてなかったらしい。ま、地味な話だしね。

ちなみにどういうストーリーかというと、

人と交わることを嫌う高校生・七子(蒼井優)の前に、7年前に死んだ父が別の女・真知子(野村真美)に生ませた弟・七生(知念侑李)が現れた。真知子が傷害事件を起こし施設にあずけられていた七生を、七子の母・君江(石田えり)が強引に引き取ったのだ。

以上、NHKのサイトから丸々盗用。ストーリーというより設定だな。その後の展開は、
「〜姉と弟になれる日〜」というサブタイトルからご推察の通り。

この話、何が気に入らないって、登場人物の言うことがいちいち「人生を達観した発言」に聞こえてしまうこと。ちょい役のタクシー会社の社長まで「七子ちゃんは心を閉ざしてしまった。」「悲しみを抱えて泣けないんだ。」などと言う始末。そんな日常会話をする奴はいねえ!

しかしこのドラマ、そんなに悪いドラマではない。それを支えているのは全て名女優・蒼井優の個人技。
「こんな表情するんだ」いや、むしろ「こんな表情があるんだ」という絶妙の演技。
素晴らしい。蒼井優は素晴らしい。

comments

   

trackback

pagetop