May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

野獣の青春

監督:鈴木清順/CS/★3(42点)本家gooDB

“平凡”と“奇抜”のバランスが非常に悪いのだが、もしかするとそれが清順の(少なくとも日活時代の)本質なのかもしれない。

会社(日活)が監督に求めているものはただ一つ。プログラムピクチャー。つまり、アイドル俳優で客が喜ぶ映画を作ること。そして鈴木清順も客の喜ぶ作品を作ろうと努めている。

だが、その「客が喜ぶ」視点が違うのだ。清順のそれは観客の意表をつくこと。

清順は誰も観たことないものを提供しようとし、会社は誰もが知っている安定したものを供給しようとしている。清順の(日活時代のと言い換えてもいい)作品は、常にこのせめぎ合いだ。

本作は、『殺しの烙印』で清順が完勝するまでの過程に於いて、この両者の「つばぜり合い」が最も盛んな時期の一作だと推測する。そのためバランスが悪いのだろう。

ま、あくまで「戦後史観」にすぎないのだが。

1963年4月21日公開(1963年 日)92分


comments

   

trackback

pagetop