May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

イチかバチか

監督:川島雄三/CS録画/★4(70点)本家gooDB

広げた大風呂敷は畳まれたか?
川島雄三作品鑑賞キャリアは非常に浅いのだが、画面が大変魅力的だといつも思う。
なにせ、当たり前のことを当たり前に描写しない。

盗み聞きするなら隣の部屋で用は足りる。それを離れの風呂場からという設定にする。桶を積み上げた上に乗って盗み聞きする姿が画(え)的に面白いからだ。
驚きの事実を盗み聞いてしまう。ハッとする表情や「アッ!」を声を上げさせたりすれば用は足りる。川島雄三はそんな凡庸な演出はしない。桶を踏み抜くことで描写する。
少なくとも城山三郎の原作には無いと思うんだよね。ぬるいお茶とかスッポンのくだりとか。

しかし、菊島脚本のせいなのか、広げた大風呂敷が上手く畳めているとは思えない。強引な寄せ玉なんかなかなか可笑しいのだが、せっかくのサイドストーリーがどこかに行っちゃった感じがするんだよなあ。やはり巨匠の遺作に名作無しなのか?え?そもそも巨匠じゃないって?

工事計画と退職届というプラスとマイナスのイメージが共存するワンカットこそ、1960年代当時、日本の今後を占う本当の「イチかバチか」なのだろう。

1963年6月16日公開(1963年 日)101分


comments

   

trackback

pagetop