August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

センセイの鞄

TVドラマ・特番/演出:久世光彦/フジ(元はWOWWOW)/★4
WOWWOW&カノックス(久世光彦の制作会社)制作の2時間ドラマ。主演:柄本明・小泉今日子。原作は川上弘美の同名の小説。WOWOWでの放映は2003年2月。

久世光彦の演出は丁寧で好きだ。
「時間ですよ」が代表作なもんだからあまりイメージが無いかもしれないが、とても丁寧な演出をする。
手元の資料によれば、小泉今日子主演作は「明日はアタシの風が吹く(1989年)」「メロディ(1997年)」に続いて3作目。中でも「明日は〜」は傑作だったのだが、あまり知る人はいない。しかし、こう考えると小泉今日子のキャリアって長いな。

久世光彦はTBS正月特番の向田邦子ドラマの演出を毎年続けていたが、注目すべきは、ここ数年、主人公の男の年齢が上がってきていることにある。ついにこのドラマでは「老人(初老)」だ。
私は、ここに久世光彦自身の投影を見る。
黒澤明も『姿三四郎』という若者主人公の映画で監督としてのキャリアをスタートさせ、『まあだだよ』という老人主人公の映画でその幕を閉じた。これはいつか熱く語ろうと思っていたことだが、監督の自己投影こそ作家性の始まりなのだと私は思う。
だからこのドラマは「作家・久世光彦」のドラマなのだ。

comments

   

trackback

pagetop