January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2018年マイベスト

年間累計:65本(新作46本 旧作19本)
内再鑑賞7本 劇場鑑賞59本

今年は邦画が豊作だった。
------------------------------------------------
2018新作マイベスト
◇洋画
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(クレイグ・ギレスピー監督)
◇邦画
『愛しのアイリーン』(吉田恵輔監督)
------------------------------------------------
◇洋画
1.『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(クレイグ・ギレスピー監督)
2.『スリー・ビルボード』(マーティン・マクドナー監督)
3.『ファントム・スレッド』(ポール・トーマス・アンダーソン監督)
4.『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(ソフィア・コッポラ監督)
5.『運命は踊る』(サミュエル・マオス監督)
6.『心と体と』(イルディコー・エニェディ監督)
7.『アンダー・ザ・シルバーレイク』(デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督)
8.『15時17分、パリ行き』(クリント・イーストウッド監督)
9.『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(ジョー・ライト監督)
10.『シェイプ・オブ・ウォーター』(ギレルモ・デル・トロ監督)
◇邦画
1.『愛しのアイリーン』(吉田恵輔監督)
2.『生きてるだけで、愛。』(関根光才監督)
3.『勝手にふるえてろ』(大九明子監督)
4.『万引き家族』(是枝裕和監督)
5.『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)
6.『犬猿』(吉田恵輔監督)
7.『ハナレイ・ベイ』(松永大司監督)
8.『日日是好日』(大森立嗣監督)
9.『パンク侍、斬られて候』(石井岳龍監督)
10.『来る』(中島哲也監督)
---------------------------------------------------
◇勝手に選んだペペチー賞
主演女優賞:趣里(『生きてるだけで、愛。』)
助演女優賞:木野花(『愛しのアイリーン』)、松岡茉優(『万引き家族』)
---------------------------------------------------

12月鑑賞: 7本(新作 4本 旧作 3本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 7本
11月鑑賞: 4本(新作 4本 旧作 0本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 4本
10月鑑賞: 6本(新作 4本 旧作 2本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 6本
09月鑑賞: 4本(新作 4本 旧作 0本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 4本
08月鑑賞: 4本(新作 3本 旧作 1本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 4本
07月鑑賞: 4本(新作 2本 旧作 2本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 4本
06月鑑賞: 6本(新作 4本 旧作 2本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 5本
05月鑑賞: 8本(新作 5本 旧作 3本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 7本
04月鑑賞: 5本(新作 5本 旧作 0本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 5本
03月鑑賞: 5本(新作 3本 旧作 2本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 5本
02月鑑賞: 9本(新作 6本 旧作 3本)内再鑑賞 2本 劇場鑑賞 6本
01月鑑賞: 3本(新作 2本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 2本

comments

   

trackback

pagetop