December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

生きてるだけで、愛。



この点数は私の偏愛。趣里が凄い。仲里依紗も凄い。


監督:関根光才/渋谷HUMAXシネマ/★5(90点)(本家/公式サイト

いきなり私事ですけど、私は本谷有希子ファンです。正確には芥川賞作家・本谷有希子よりも、劇団、本谷有希子主宰の本谷有希子の方が好きなんですけどね。本谷有希子の旦那(この映画のエンディングテーマの作詞もしている御徒町凧)と仕事をする機会があった時に「奥様のファンでアノ舞台やコノ舞台を観に行った」話をしたら「変わった人ですね」と言われたよ。しかしその後、本谷有希子嬢本人にも会う機会があったんだけど何も言えなかった。事程左様に、私は変な自意識が強い一面があるのです。

そんな私だからかなのか、この映画の趣里演じる主人公の“変な自意識”が理解できるのです。理解できちゃうのです。
『勝手にふるえてろ』の松岡茉優ちゃんも、『ゴーストワールド』のソーラ・バーチも、なんなら「獣になれない私たち」の黒木華ちゃんも分かるのです。同じ面倒くさい女でも『寝ても覚めても』の唐田えりかは理解できんけどな。
引きこもらない程度の社会性があるだけで、私も基本的にはあっち側の人間なのです。付き合いたくもないし、関わりたくもないけど、彼女たちの気持ちはよく分かる。共感できちゃう。

例えばウォシュレットのくだり。原作小説でも「分かるわぁ」と思ったシーン。いや、ウォシュレットに恐怖を感じたことはありませんけどね。
彼女は自分の鎧を少しだけ脱いだんですよ。その鎧の間から少しだけ見せた素肌が「ウォシュレットって・・・」って話で、それが全然受け入れられなかったら、私の素肌が受け入れられない=私自身が受け入れられないってことになって、「何で調子こいてあんなこと言っちゃったんだろう」とか後悔して、さらに鎧を纏うんです。いや、彼女は鎧を纏うどころか全裸で街を走りますけどね。

この話の真骨頂は、この“危ない女”に“もっと危ない女”を上乗せしてくる所なのですが(仲里依紗が最高だ!)、この映画のいい所はこのダメっ子を主観で描いていることなのです。製作者側が変人を嘲笑うような姿勢は微塵もない。客観的な理由付けや理屈っぽい説明もしない。
そんな彼女に唯一客観的な眼差しを向けるのが菅田将暉なのです。惚れた理由は走ってる姿。
この“客観的事実”を“ありのまま”受け止める。
説教臭く「ありのままいいんだ」とか「君の気持ち分かるよ」とか言ったりしない。ましてや彼女に変化を求めたりしない。
「走る姿が綺麗だった」。それだけで救われる世界があるんです。

映画的に変に小奇麗にまとめたりせず原作を“ありのまま”に、変に凝ったりせずに“ありのまま”の映像の力で描いた“ありのまま”映画。『生きてるだけで、愛。』とはありのままのことなのです。
ま、大半は私の偏愛ですけどね。



2018年11月9日公開(2018年/日)

comments

   

trackback

pagetop