August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

デューン/砂の惑星



あ、そうか。マカロニ・ウエスタンだと思えばいいんだ。あるいはマカロニ・スターウォーズ。


監督:デヴィッド・リンチ/CS/★2(40点)本家
どういうわけだかデヴィッド・リンチにもアレハンドロ・ホドロフスキーにも縁がない。嫌いなわけでも興味がないわけでもない。ただ観るべきタイミングを逸してしまった。(いまこのタイミングでホドロフスキーを持ち出す必要はないけど)

この映画も公開当時「失敗作」との大評判だけ聞いていて、興味はあったが結局観ないまま。ちなみに公開時の邦題は『砂の惑星』。俺、高校生だったと思う。
偶然ケーブルテレビ上映とタイミングが合ったので観た。初めて観た。真剣に観た。

シルヴァーナ・マンガーノが出ていてビックリした。教母だったかな?
よくよく調べてみたらこの映画の製作総指揮は彼女の夫=ディノ・デ・ラウレンティスだった。イタリア映画史上最高の山師だ。

なるほど。

この映画、「デヴィッド・リンチの作品」というより「イタリア山師の映画」と捉えたら納得いく。
西部劇じゃなくてマカロニ・ウエスタン。あるいはマカロニ・スターウォーズ。
あー、でもディノ・デ・ラウレンティスはマカロニ・ウェスタン作ってないのか。じゃあ『バーバレラ』。てゆーか、『フラッシュ・ゴードン』もこいつだな。

ああ、あと、アニメかゲームから抜け出たようなキャラがいて笑った。スティングだった。

何もかも懐かしい・・・。



(1984年/米)

comments

   

trackback

pagetop