July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

台北ストーリー〈4Kデジタル修復版〉



エドワード・ヤン作品を観ると「映画ってこういうことだよな」としみじみ思う。エドワード・ヤンの長編第2作。没後10年で日本初公開。改めて早逝が惜しまれる。
監督:エドワード・ヤン/ユジク阿佐ヶ谷/★4(75点)本家公式サイト
80年代台北。高度成長期。バイクで走る若者の背後に「中華民国万歳」と書かれた建造物。きっと彼らには台湾の歴史的背景は関係ないのだろう。
過去に縛られた男。未来を見る女。時代の波に飲まれて変化していく街に男女関係が重なる。
ちなみに原題「青梅竹馬」は幼馴染の意味だそうだ。

実に地味な話で、普通なら企画書の段階でボツになるだろう。これはエドワード・ヤンとホウ・シャオシェンの自主映画であり、だからこそ台湾映画界の新しい風となり得たのだ。

この映画を支えているのは“映像での表現力”だと思う。音と光の使い方。写すものと写さないものの選択。台詞で言わせることと言わせないこと。観客に提示すべき情報と観客に推測させる情報。エドワード・ヤン作品はそうした計算が緻密だと思う。
そうなんです。実はエドワード・ヤンの映画は“緻密”なのです。

本当に映画らしい映画を撮った作家・エドワード・ヤン。60年足らずの人生、20年足らずの映画作家人生。その短い時間で彼が残した功績は大きい。

日本公開2017年5月6日(1985年 台湾)

comments

   

trackback

pagetop