November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

The NET 網に囚われた男



“光と影”ではなく朝鮮半島の“闇”。実話に基づくストーリーではなく“事実”。合わせ鏡の物語。

監督:キム・ギドク/新宿シネマカリテ/★4(85点)本家公式サイト
「資本主義に毒されるな」と言う北朝鮮の役人は金に転び、韓国の役人は「北韓は独裁国家に洗脳されている」という考えに“洗脳”されている。合わせ鏡の物語。

唯一、キム・ギドクだけが、主人公や警護の若い男を通じて、「国歌より家族」「思想より個人の尊重」「だから南北統一出来ねーんだよ」と叫んでいる物語。

めちゃくちゃ痛くてめちゃくちゃ面白いんだが、物語の解釈はこれ以上出てこない。

寓話好きだったキム・ギドクは、最近かなり直接的、政治的な表現になってる気がする。それだけ切迫した危機感を持ってるのかもしれない。

日本公開2017年1月7日(2016年/韓国)

comments

   

trackback

pagetop