May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

郵便配達は二度ベルを鳴らす〈126分デジタル修復版〉



ほとんどロケのように見えるんだけど、これ、第2次世界大戦中に作られたんだよね?

監督:ルキノ・ヴィスコンティ/新宿武蔵野館/★3(65点)本家公式サイト
ヴィスコンティの長編デビュー作。イタリア・ネオリアリズムの先駆的作品。完全版のフィルムは残っていない。
こうした前情報というか付加価値が先行してしまう作品なんですが、古いとは言え、メロドラマとしての完成度が高いと思うんです。

ここではない何処かを求める男と安定を求める女。
古典的な構図ではありますが、第2次世界大戦中(ファシズム下)の国情を考えると、国の行く末を案じる暗喩のようにも思えるのは考えすぎでしょうか。

いや、そんな難しいこと考えなくても、メロドラマとして面白いんですよ。

デジタル修復版日本公開2017年1月7日(1942年/伊)

comments

   

trackback

pagetop