May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2016(平成28)年マイベスト

年間累計:65本(新作48本 旧作17本)
内再鑑賞6本 劇場鑑賞61本

一昨年の最低鑑賞本数を下回ってしまった。今年は邦画が充実してたなあ。
------------------------------------------------
2016新作マイベスト
◇洋画
『ヘイトフル・エイト』(クエンティン・タランティーノ監督)
◇邦画
『リップヴァンウィンクルの花嫁』(岩井俊二監督)
---------------------------------------------------
◇洋画
1.『ヘイトフル・エイト』(クエンティン・タランティーノ監督)
2.『教授のおかしな妄想殺人』(ウディ・アレン監督)
3.『完全なるチェックメイト』(エドワード・ズウィック監督)
4.『ジュリエッタ』(ペドロ・アルモドバル監督)
5.『獣は月夜に夢を見る』(ヨナス・アレクサンダー・アーンビー監督)
6.『ロブスター』(ヨルゴス・ランティモス監督)
7.『さざなみ』(アンドリュー・ヘイ監督)
8.『マジカル・ガール』(カルロス・ベルムト監督)
9.『殺されたミンジュ』(キム・ギドク監督)
10.『ヘイル、シーザー!』(ジョエル&イーサン・コーエン監督)
◇邦画
1.『リップヴァンウィンクルの花嫁』(岩井俊二監督)
2.『ディストラクション・ベイビーズ』(真利子哲也監督)
3.『アイアムアヒーロー』(佐藤信介監督)
4.『オーバー・フェンス』(山下敦弘監督)
5.『この世界の片隅に』(片渕須直監督)
6.『シン・ゴジラ』(庵野秀明監督)
7.『永い言い訳』(西川美和監督)
8.『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(宮藤官九郎監督)
9.『俳優 亀岡拓次』(横浜聡子監督)
10.『怒り』(李相日監督)
---------------------------------------------------
◇勝手に選んだペペチー賞
主演女優賞:蒼井優先生(『オーバー・フェンス』『アズミ・ハルコは行方不明』)
助演女優賞:りりィ『リップヴァンウィンクルの花嫁』
---------------------------------------------------

12月鑑賞: 4本(新作 3本 旧作 1本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 4本
11月鑑賞: 5本(新作 5本 旧作 0本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 5本
10月鑑賞: 6本(新作 2本 旧作 4本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 5本
09月鑑賞: 9本(新作 3本 旧作 6本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 7本
08月鑑賞: 5本(新作 3本 旧作 2本)内再鑑賞 2本 劇場鑑賞 5本
07月鑑賞: 4本(新作 4本 旧作 0本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 4本
06月鑑賞: 5本(新作 4本 旧作 1本)内再鑑賞 1本 劇場鑑賞 4本
05月鑑賞: 9本(新作 8本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 9本
04月鑑賞: 4本(新作 4本 旧作 0本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 4本
03月鑑賞: 3本(新作 2本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 3本
02月鑑賞: 6本(新作 5本 旧作 1本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 6本
01月鑑賞: 5本(新作 5本 旧作 0本)内再鑑賞 0本 劇場鑑賞 5本

comments

   

trackback

pagetop