July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

男と女〈デジタル・リマスター版〉



世界一どーでもいい話。★5


監督:クロード・ルルーシュ/恵比寿ガーデンシネマ/★5(90点)本家公式サイト
はあ?レーサーだぁ?美人の未亡人だぁ?その設定の何処にも俺はいない。そんな設定あり得ない。『ゾンビ』よりあり得ない。そんな男女が惹かれ合おうが合わなかろうがどーでもいい。世界一、どーでもいい話。
なーんてことを思っていた20歳代。チラ見しただけで馬鹿にしてずーっと無視してた映画。

製作50周年記念デジタル・リマスター版を映画館で鑑賞。こちとらアラフィフ。もうね、面白くって面白くって。分かる、分かるよぉ、って俺がいる。ま、相変わらずどーでもいい話だけどね。

映画的な(ヌーヴェルヴァーグ的な)面白さ満載。
ロケ中心、即興演出、“自然”な素材を編集で“不自然”に見せるアンチ写実主義、「男と女と車があれば映画が撮れる」(ゴダール談)そのまんま。話なんかどーでもいい。一方で「女は分からん」というフランス映画の王道。ヌーヴェルヴァーグ時代の末期なのでその集大成という見方もできるが、むしろオマージュに近い印象で、ゴリゴリ感よりマイルド感の方が強い。だから「オシャレ映画」に見えるんだと思う。

男女2人の主人公がそれぞれ登場するシーン。2人とも子供と一緒の場面なんですが、子供を写さない。「この2人の物語ですよ」ってことを早々に宣言する。そこから徹底して2人いずれかの視点だけで話が進行する。
ロミオとジュリエット的な分かりやすい障害も発生しない。きっかけとなるような大きな事件もない。意地悪な第三者も存在しない。ただただ2人の“心”だけをカメラが切り取る大人の映画。この歳になると大人の世界が面白く思えてくるもんだ。

あ、クロード・ルルーシュ、アラサーでこの映画撮ってる。大人だな。



余談
同時上映の短編『ランデブー』も面白かった。どうやって撮ったんだろう?

デジタル・リマスター版日本公開2016年10月15日(1966年 仏)

comments

   

trackback

pagetop