May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

何者



演出が下手すぎる。この監督が何者だよ。検索してもハマの番長しか出てこねーよ。

監督:三浦大輔/ユナイテッド・シネマとしまえん/★2(30点)本家公式サイト
有村架純ちゃんが岡田将生君にブチ切れて説教たれて部屋を飛び出し、自転車置き場かどこかで追ってきた佐藤健にアレヤコレヤ話すシーンがあります。このそこそこ長いシーンの最後の最後ワンカットで初めて架純ちゃんがホットパンツ履いてたことが判明するんです。何が言いたいかっていうと、最後ワンカットまで全部“寄り”の画面なんですよ。もっと架純ちゃんの脚見せろっての。いや、そうじゃなくて、演出というか画面の切り取り方が下手すぎる。

頭の切れたアップが多いんですね。で、途中、劇団員が1分で自分を語るシーンがあるんですが、演出としては当然ドアップにせざるを得ない。しかし既にアップを多用しているから、今度はアゴが切れるくらいのアップにする。
あのね、アップってのは効果的な使い方をしないと、ただの「表情演技」の羅列になるんですよ。なぜなら画面上の情報が“顔”しかなくなるから。
この映画、「顔演技」と「台詞」だけで構成されてて、映画的な情景は何もない。もっと言うなら、「なぜそこでカットを割る!」「そのカメラ位置の意図は何だ!」って文句しか出てこない。
気持ちは分からんではないんです。演劇畑の人は「顔演技」で表現できないから、逆にやりたがる。

気を取り直して褒めましょう。

タケルは決して「おめでとう」と言わないんですね。一方、菅田将暉君は架純ちゃんの内定に第一声で「おめでとう」と素直に言う。ここにこの映画の全てが込められている。

あと、おそらく就活自体は描く気がないんだと思うんです。OB訪問も描かなければ、面接官に厳しい質問をされることもない。ESだって1枚チョロっと書いた程度。就活自体ではなく、就活という“状況下”に置かれた若者を描くことに終始している。要するに戦場を描かない戦争映画みたいなもの。それは(意図したものだったら)褒めていいと思う。

だけど(あ、褒める点は以上ね)、それだったら面接官の顔は写すべきじゃない。何を写すべきで何を写さないかの選択が出来ていない。昔の演劇仲間の顔をもったいぶって写さない意味が分からない。
そもそも架純ちゃんは可愛く撮れてないし、菅田君はいつもの菅田君並だし、全身女優・二階堂ふみの使い方のもったいないことこの上ない。
この監督は役者を信用していないのか、観客を信用していないのか、前述したように「顔演技」と「台詞」での“説明”に終始する。心情を吐露する演技なんか(それまでアップの連続なんだから)逆に引きの画面でワンカット長回しとかすればいいのに。
『愛の渦』は断片的にテレビで観ただけなので詳しくは分からないが、その断片的な鑑賞での印象も似ていた。たぶん群集劇が好みなんだろうけど、群集を“映像”で捌けていない。
“皮膚感覚”で“生身”の若者を描けるキャスティングなのに、上っ面のカメラワークが全部潰していく。そのくせ謎解きを演劇形式で表現するあたりが小賢しい。
はっきり言って、血の通ってない頭でっかちな映画。
まだ『就職戦線異状なし』の方が真摯だったよ。

と、「何様」なコメントを書いてみました。

2016年10月15日公開(2016年 日)

comments

   

trackback

pagetop