May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ



新手のSF。輪廻SF。小ネタが面白すぎちゃって、俺には映画の本質が見えていない。

監督:宮藤官九郎/ユナイテッド・シネマとしまえん/
★4(70点)公式サイト本家
Charと野村義男とか、マーティーとROLLYとか、「天使のダミ声」憂歌団・木村が地獄で歌ってるとか、地獄研究の第一人者(?)みうらじゅんとか、篠山紀信が実は・・・とか、もうね、面白すぎちゃって。映画を読み解く余裕がなかった。
てか、どんな話だったっけ?

クドカンの傾向として、監督した場合特に顕著なんですが、主人公は精神年齢が中高生男子のままなんです。本作や『中学生円山』はまさにそのまま。だから女性は物語的に“母”として描かれる。『少年メリケンサック』の宮崎あおいタン然り、本作の宮沢りえ然り。てか、森川葵ちゃんが大人になったら宮沢りえになるんだ。

そういや向井秀徳が音楽やってるけど、『少年メリケンサック』もそうだったのね。繰り返される諸行無常!この映画は“地獄”だけど、向井秀徳は椎名林檎の「神様、仏様」って曲でラップやってるよ。なんかそういう仏門感があるのかもね。蘇る性的衝動!

で、物語的“母性”の話に戻るけど、そう考えると「母性回帰」の物語なんじゃないかと(クドカンが意図したかどうかはともかく)。
言い換えれば、「母なる地球」へ戻ろうとする『ゼロ・グラビティ』や『オデッセイ』と同じ。これ、新手のSFですよ。

ただ、人間として生まれ変わるのは奇跡的な確率なんだね。男として本当にそう思うよ。

2016年6月25日公開(2016年 日)

comments

   

trackback

pagetop