May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ヘイル、シーザー!



コーエン兄弟はタヴィアーニ兄弟じゃない!ところでタイトルは「ハイル、ヒトラー!」のパロディーなのか?

監督:ジョエル&イーサン・コーエン/TOHOシネマズ新宿/★3(52点)公式サイト本家
『グッドモーニング・バビロン!』で1910年代ハリウッド黎明期を描いたのはタヴィアーニ兄弟ですが、コーエン兄弟が今回描くのはその1950年代頃のハリウッド全盛期。
この映画の妙は、「古き良き時代のハリウッド映画」に愛情を寄せつつも「古き良きアメリカ」なんてものを描く気はさらさら無いこと。
私はコーエン兄弟を「人間の欲を巡る悲喜劇」と「アメリカの土着性」を描く作家と思っているのですが、今回も積極的にアメリカの“暗部”をシニカルに笑う。むしろ「古き良きアメリカ」なんてものは幻想だと言っているよう。コーエン兄弟はタヴィアーニ兄弟じゃない。コーエン兄弟はシニカル兄弟。言いたいだけ。

これまで彼らの映画の多くは、事件や犯罪計画が思わぬ方向に転がり、事件に関わる登場人物が右往左往する「人間は可笑しくて悲しい」というのがメインテーマで、サブテーマに「アメリカとはどういう国か」ということが描かれていたと思うんです。
ところが今回は、事件自体はシンプルで、周辺情報が非常に多いんですね。
宗教から始まって共産主義やら同性愛やら、いやもう、いちいち取り上げるのも面倒なほど盛り沢山なんですよ。

思い返すと可笑しいんことは可笑しいんですがね。
共産主義に目覚めたジョージ・クルーニーをジョシュ・ブローリンがビンタするとかね。
屁理屈を腕力でねじ伏せちゃう辺りもアメリカ的だなぁと思うし。

だけどワッハッハって映画じゃない。クスリと笑う所もあるんだけど、やっぱり日本人には皮膚感覚で分からないところが多い。多すぎる。

例えば「ヘイル、シーザー!」なるキリスト映画を制作するに当たり「プロテスタントとユダヤ教も呼べ」ってクダリがあるでしょ。
これ日本だったら、例えば仏教映画を作るってんで「天台宗と日蓮宗と浄土宗と浄土真宗と臨済宗と曹洞宗を呼べ。多いな、他に何がある?」「創価学会とか?」「教祖は池田大作だろ?」
これだったら皮膚感覚で分かるんだけど。

まあ、コーエン兄弟らしいんだけどね。

日本公開2016年5月13日(2016年 米)

comments

   

trackback

pagetop