November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

独裁者と小さな孫



監督:モフセン・マフマルバフ/新宿武蔵野館/
★4(74点)本家公式サイト

逃亡劇というよりロードムービー。冷徹な視線で、壮大かつ丁寧に作りこまれたガッツリ社会派映画。
老人と子供という設定やそれを利用した邦題や宣伝、モフモフした感じの監督の名前で「心温まる感動作」だと思って観ると痛い目にあいます。『カンダハール』の監督です。直接描写を避けているのでなんとかPG12で済んでいますが、壮絶な映画です。

孫はなかなかのバカです。観てて腹が立つクソガキです。老人は決して反省の言葉を口にしません。結構なクソジジイです。そんなこともあって、私はすっかり“民衆”に感情移入して「こんなジジイとガキなんか早く殺されちまえ」と思いながら観ていたのですが(<それはそれで間違っている)、それも大きく裏切られます。
感情移入していた“民衆”が“愚民”に堕するのです。

つまりこの映画は、どっちの味方でもない。
“逃亡劇”の設定を借りながら実は“ロードムービー”で、追放された独裁者の視点で民衆や国情を描写します。それを監督は実に冷静に見つめていく。

「復讐は復讐を生む」「復讐の連鎖を断ち切るべき」というメッセージは今時ありがちですが、この映画のすごい所はそんなメッセージじゃないんです。
賢者が訴えるこれらの言葉が愚民どもにかき消されていく。
これがすごいというか恐ろしい。“冷徹な視点”と私が言う所以はここにあります。

寓話の形を借りたガッツリ社会派映画。

日本公開2015年12月12日(2014年/ジョージア=仏=英=独)

comments

   

trackback

pagetop