September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

黒衣の刺客



監督:ホウ・シャオシェン/渋谷TOEI/★1(15点)(本家/公式サイト

“情景”を描ける稀有な作家ホウ・シャオシェン。実は「情景しか描けない」という馬脚を現す。この映画は綺麗なだけで魂がない。
最近の多くの映画は(最近に限った話ではないかもしれないが)、その面白さをストーリーテリングや見た目の派手さに依存し、映画らしい“情景”が描かれることが少ない。しかし、ホウ・シャオシェンは、リー・ピンビンの撮影もあって、映画的な“情景”を描ける数少ない作家だと思っている。

しかしこの映画は、情景ばかりが描かれてちっとも話が転がらない。これが武侠映画じゃなかったらそれでもよかったかもしれない。「クラシカルな武侠映画」と言えば聞こえはいいが、圧倒的に情報量が少ない。正直に言っちゃえば“退屈”。

“情報量が少ない”と書いたものの、光や風といった“情景”を描くための情報はたくさん盛り込まれている。少ないのはストーリーのための“情報”。
一つ一つのシーンは「彼女は刺客です」「彼は王様です」「王様の奥さんです」「愛人です」といった一つの情報しか提示していない。まるで紙芝居。いや、紙芝居より情報量が少ない。
そして、リー・ピンビンの美しい撮影は客観的で、登場人物は風景の中に“記号”として“配置”される。そんな魂の入っていない“記号”が剣を交えたところで、観ている側の心が動くはずがなかろーもん。

ペラッペラに薄くて断片的な情報提示と客観的な記号、そして転がらないストーリーと何も描かれない物語。
この映画が退屈なのは、テンポが遅いというよりも、こうした理由によるものだと思う。

たしかに撮影(というかロケーション)は凄いので、何やら賞をあげたくなる気持ちも分かるが、はっきりキッパリ言って、ただの「絵の綺麗な紙芝居」。
だったら美術館で絵画を見てた方がマシ。

余談

なんでも日本で公開されているのは「日本特別版」らしい。本国版ではブッキーの出番がもっと少なく、忽那汐里に至ってはオールカットだという噂。

日本公開2015年9月12日(2015年/中国=台湾=仏)

comments

   

trackback

pagetop