November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー監督:クリント・イーストウッド/ユナイテッド・シネマとしまえん/★4(80点)本家公式サイト

揺らぐ、星条旗
私はイーストウッド御大に対して3つの評価があります。
一つは常に言っている「星条旗を描き続ける作家」。一つは割と監督初期の頃に多く言った「大人の演出」。もう一つは『父親たちの星条旗』や『硫黄島からの手紙』の頃に書いた「最近、何がやりたいんだか分からない」という評価。
よく考えたら、“俳優”クリント・イーストウッドが無口で眉間に皺を寄せて「何を考えてるのか分からない渋い大人」というキャラクターだったのだから、そっくりそのまま監督としての作風になったのかもしれないね。

この3つ全部がこの映画にはあって、分かりやすいメッセージ性はない。大人の多様性と言ってもいいかもしれない。
狼から羊を守る番犬の物語に正解はない。もはや何が正義なのか分からない。いっそ分かりやすい反戦・厭戦映画だったら、いっそ分かりやすい娯楽・英雄映画だったらどんなに楽だったろう。ガチ過ぎて観ていて辛い。

「星条旗を描き続ける作家」ということに立ち返れば、この映画は星条旗=アメリカが揺らぐ物語なのではないかと思う。
『ディア・ハンター』に代表されるベトナム戦争ほど、アメリカはこの戦争をまだ客観視できていない。

日本公開2015年2月21日(2014年 米)

comments

   

trackback

pagetop