November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ジミー、野を駆ける伝説

ジミーズホール監督:ケン・ローチ/ユナイテッド・シネマとしまえん/★3(67点)本家公式サイト

ジミーズ・ホールでよかったんじゃないか?
ケン・ローチ先生はよく社会派と言われるけど、市井の人々を真っ直ぐに描く写実派の作家だと私は思っている。
だから『ジミー、野を駆ける伝説』なんていう英雄伝的なタイトルよりも「ジミーの集会所」って原題の方がシックリくる。
実際この映画は英雄伝ではなく、民衆の代弁者の物語なのです。

アイルランドの歴史は難しい。正直言って皮膚感覚では理解しきれない。
過剰な演出をしないこともあり、物語の中に自分の居場所がなかったというのも正直なところ。

それを無理矢理自分の物語に置き換えるなら、思想の話だと思う。
キリスト教にも思想統制の歴史はある。戦時下の日本と同じだ。この映画の若者たちが求めたのは反キリストではない。言わば“サブカル”にすぎない。それでも彼らは弾圧される。父親に鞭打たれちゃったりする。我々サブカル系の人間が枕を高くして寝ることができるのは、世界が平和だからだ。そういう有り難みを思い出させてくれる映画だと思う。

日本公開2015年1月17日(2014年 英=アイルランド=仏)

comments

   

trackback

pagetop