October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

毛皮のヴィーナス

毛皮のヴィーナス監督:ロマン・ポランスキー/Bunkamuraル・シネマ/★5(93点)本家公式サイト

アートな茶番
説明できないんですけどね、メッチャ面白かったんですよ。2014年公開洋画で俺のナンバー1。

“紙一重”のお話しだと思うんです。

SとMも紙一重。芸術とエロも紙一重。女神と悪魔も紙一重。なんなら女性を敬うのと女性蔑視だってある意味同じ。
それを舞台上の台詞と生の声との紙一重として、ドラマとコメディ(字幕では「茶番」)の紙一重で描いた映画。

多くのポランスキー映画の主人公は、自分がいるべきでない場所=異世界に放り込まれてジタバタするんです。ポランスキー異邦人の視点と呼ぶ人もいます。
で、ついに80歳になって、物理的な面から精神的な“異世界”を彷徨うようになったとも考えられるのです。

日本公開2014年12月20日(2013年 仏=ポーランド)

comments

   

trackback

pagetop