November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

パークランド―ケネディ暗殺、真実の4日間

パークランド監督:ピーター・ランデズマン/新宿武蔵野館/
★3(60点)本家公式サイト

だから何なの?
雰囲気のある映画であることは認める。時代の空気感もある。複数の視点が同時進行で進む緊迫感も悪くはない。
ただ、そうした“器”の出来よりも「話、薄っ!」っていう印象の方が強い。
NHKスペシャルかCBSドキュメントで充分な内容じゃない?

いや、「FBIが犯人でっち上げた説」みたいな異説である必要はないんだ。「ケネディが宇宙人の存在を公表しようとして殺された」みたいなのもいらない。まして「ヒトラーは生きていた!」とか「チンギス・ハーンは源義経だった!」とかウンザリ。あ、でも、「自衛隊が戦国時代にタイムスリップした!」ってのは重要。

要するに、トリッキーな話はいらないけど、もっとツッコんだ話がほしい。
正しくは、人の物語がほしい。
誰に感情移入させるでもなく、誰の気持ちの変化もなく、ましてや成長の物語も何もなく、ただただ“事実”を並べるだけ。
何の物語もなく事実を並べるだけだったら、ドキュメンタリーの方がよほど感動的。

これいっそ、オズワルドの兄一人に焦点を当てた方が面白かったんじゃないか?

日本公開2014年6月28日(2013年 米)

comments

   

trackback

pagetop