August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ニシノユキヒコの恋と冒険

ニシノユキヒコ監督:井口奈己/ユナイテッド・シネマとしまえん/★3(58点)本家公式サイト

井口奈己はいつだって、男が逆立ちしても撮れないような女性の切り取り方をする。
そもそも、現在日本最高峰の「頭のオカシイ作家」川上弘美の小説を映画化しようとすることがどうかしている。だって映像化不可能なものばっかりじゃん。もう大好き。だいたい彼女の目指す先は内田百里世らね。『ツィゴイネルワイゼン』レベルじゃないと彼女の小説は映画化できないはずなんです。

その一方で監督の井口奈己は、自主映画時代の『犬猫』も含めて長編全作観ているが、いつだって男が逆立ちしても撮れないような女性の描き方をする。
彼女の持つリズム感というか体内時計は少しゆっくりなようで、正直言うと冗長に感じる場合もあるのだが、独特の息づかいのようなものがある。

原作は未読(家にあるけど積ん読のまま)なので本当のところはどうなのか分からないが、少なくともこの映画は、女性達の何気ない仕草や表情を切り取る映画なのだと思う。
『ニシノユキヒコの〜』というタイトルだが、竹野内豊は主人公というより媒介役で、主人公は(監督が描こうとしているのは)それぞれの女性達なのだろう。

特に男性とかかわる時の女性陣の仕草や表情。普段は見せない顔。でも見たことがある仕草。女の人って恋をした時にこういう顔するよね、自覚してるかどうか知らないけど、って顔。男からしてみたら、あるあるなんだけど、見ちゃいけないような、少し恥ずかしいような。
そういうのは抜群に巧い。
男には絶対撮れない映画。

2014年2月8日公開(2014年 日)

comments

   

trackback

pagetop