November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ラッシュ/プライドと友情

ラッシュ監督:ロン・ハワード/ユナイテッド・シネマとしまえん(先行上映)/★4(88点)本家公式サイト

エキゾーストノートの向こうにあるウサギとカメの物語。現代史を描く時のロン・ハワードは信頼のブランド。
私がF1にハマってたのは、この映画の時代より少し後。晩年のニキ・ラウダとチャンピオンシップを争ったアラン・プロストが「プロフェッサー」と呼ばれるようになり、アイルトン・セナとタイトル争いするようになった頃。いわゆる日本のF1ブーム期。
この映画の時代は、日本ではスーパーカーブームとF1がゴッチャになってたような気がする。当時小学生の私の部屋には、ランボルギーニ・イオタのポスターとティレル(当時日本ではタイレルと呼ばれていた)の6輪車(P34)のポスターを貼ってたと記憶してるもん。てか、F1より「サーキットの狼」の方が有名だった。

劇中の台詞にもあるように「おもちゃ好き」の男の子としては(<もうオッサンじゃ)感慨深いものがあるよね。
富士スピードウェイは高速サーキットなんだよねーとか、ジェームス・ハントのイメージトレーニングで出てくるモナコ(モンテカルロ)は超テクニカルコースでF1で唯一トンネルがあるんだよねー、あのトンネルで加速するんだけど実は緩くカーブしてるの、とか語りたくなっちゃう。てか、語った。
ああ、そうか。映画観てる時「モナコのトンネルの件とか語りたくなるよね。だからイメトレで登場させたんだよね」と思ってたんだけど、よくよく考えると(そして調べると)、この映画の頃、モンテカルロサーキットは大改修して間がないんだよ。だからイメージトレーニングがモンテカルロなのは必然だったの。あー、語った語った。

私の思い込みかも知れないが、『アポロ13』や『フロストニクソン』などを見るに、こうした現代史を描くときのロン・ハワードはいつもより冴えた手腕を発揮するような気がする。元が巧い監督なのだが、いつも以上に、物語や人物の切り取り方が冴えているように思える。
おそらく、ま、勝手な推測だが、同時代を生きた人間として、時代の空気感や登場人物の感情に、監督自身がより強く寄り添えているのではないだろうか。

この映画、この年のグランプリ自体が激烈だったこともあるが、そのエピソードの切り取り方と人物の感情の切り取り方が実に秀逸だと思う。

なんだよ、映画の感想よりF1語ってる方が多いじゃねーか。ヒドい感想だな。

日本公開2014年2月7日(2013年 米)

comments

   

trackback

pagetop