July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

そして父になる

そして父になる
監督:是枝裕和/ユナイテッド・シネマとしまえん/
★3(68点)本家公式サイト

「親子の欠片(かけら)」という是枝得意のモチーフの集大成
非常に完成度の高い映画で、取り違えを伝えられるまでの不穏な空気感、伝えられてからの喉に小骨が刺さったような違和感。実に巧みに観客を誘導する。完璧に画面を制御してる。

最近の是枝は「父と息子の微妙な関係」を好んでモチーフにする。
『歩いても 歩いても』の阿部寛と原田芳雄。テレビドラマ「ゴーイング マイ ホーム」の阿部寛と夏八木勲。『歩いても 歩いても』では阿部寛と結婚相手の連れ子との関係もある。いずれにせよ是枝の視線は、本作と同様、阿部寛(本作なら福山雅治)のポジションで、自分から見た父、自分から見た息子、と上下の父子の距離感を描こうとする。
原田芳雄や夏八木勲を用いた「是枝の父親像」はいずれもキャラクター造形が似ていることから、おそらく是枝自身の父親もこういう人だったのだろう。余計なことを言うなら、俺の父親もソックリだ。つまり俺は福山雅治というわけだ。ワハハハ。

是枝の描く「父と息子」の距離感を、その範囲を「親子」まで広げて見てみると、『奇跡』や『誰も知らない』も対象になる。これを「人間関係」あるいは「愛情」という括りにすると、是枝映画のほとんどが当てはまる。
是枝は「愛情の距離感」を描く作家なのかもしれない。是枝映画の登場人物は、「欠けた愛情の破片=愛情の欠片(かけら)」を探し続ける人々なのかもしれない(ただし、積極的に行動するわけではない)。

しかしこの映画、自分でも★3は低評価すぎると思うのだが、これは私の中での相対的な比較によるものだ。
期待が高すぎたということもあるが、直前にCSで再鑑賞してしまった『歩いても 歩いても』がどうしても頭をよぎる。
あの映画は、もっと多面的で、いろんな切り取り方、読み解き方が可能だった。先に書いた父子の関係はほんの1エピソードにすぎず、もっと大きな物語の中の一つの要素だった。

だが、今回は違う。
2つの家族とそれぞれの子供達を出しながら、視点は福山雅治一人に集約される。
私が観ていて最も痛かったのは尾野真千子を巡るエピソードだが、それよりも福山雅治の感情の流れを重視する。いやまあ『そして父になる』ってタイトルだから当然なんだけどね。

その結果(そればかりが要因ではないが)、この映画は「負けを知らない男が負けを知る物語」に見えてしまう。言い換えれば「負けを知って人の心を知る男の物語」。
つまり、「親子の欠片」は本筋ではなく、今まで同様一つのモチーフに過ぎず、個人の物語に帰結した(してしまった)ように私には見えたんだな。
「一人の男が愛の欠片を見つけるまでの物語」と言ってもいい。

ま、そうした切り口も悪くないんだが、最初の風呂敷が大きかった割に小さく畳み過ぎたなぁ、という気がしちゃったんですよ。

2013年9月28日公開(2013年 日)

comments

   

trackback

pagetop