November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

夏の終り

夏の終り
監督:熊切和嘉/テアトル新宿/
★4(88点)本家公式サイト

苛立ちとグーパンチを描き続ける作家=熊切和嘉による「居場所を探して苛立つ女」の物語。満島ひかりに主演女優賞総なめさせたい映画。
原作未読。この映画のおかげで寂聴さんはお忙しいようで、こないだ帝国ホテルのロビーでばったり会ったよ。ちなみに俺はトイレを借りてただけだけどね。

一見、二人の男の間で揺れ動く女の“愛”の物語に見えるが、劇中「愛ではなく習慣」という台詞があるように、これは愛を原動力とした女の物語ではないと思う。

満島ひかり演じる主人公は、小林薫演じる小杉と一緒の時は綾野剛演じる涼太に惹かれ、涼太といる時は小杉に惹かれる。
そして、「居場所がないんだ」という小杉に惹かれたことを明かし、彼女自身が“居場所”を求めて苛立っていることを明らかにする。

女性が自立することが許されなかった時代。おそらく「女性の自立」などという概念すらなかった時代。そして、女性が生きていくには男に頼るしかなかった時代。彼女は「愛」で自分をごまかそうとした。しかし本当は、自分の居場所にずっと違和感を感じ続けていたに違いない。

あっさり子供を捨てる点に違和感を覚える人もいるかもしれないが、父親になついている子供、「○○さんの奥さん」と呼ばれることへの違和感、おそらく親の勧めか何かで望まない結婚をしたであろう(そういう時代だった)ことを、熊切は短いシーンで抜かりなく静かに演出する。

熊切の落ち着いた演出もいいし、満島ひかりの“たたずまい”もいい。そこにいるだけで絵になる。小林薫も綾野剛も色気あるダメ男という太宰治タイプの役がハマっている。映画の完成度は非常に高い。いやもう完璧。

だけど4点なんだよなぁ。この女性の生き方に共感できないんだよねぇ。
これが、カトリーヌ・ドヌーヴとかジャンヌ・モローとかエマニュエル・ベアールとかだったら「仕方ないね」と思えるんだ。フランス女優ってすげーな。てか、寂聴さんすげーな。

2013年8月31日公開(2012年 日)

comments

   

trackback

pagetop