November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

絶対の愛

監督:キム・ギドク/シネマート六本木/
★5(90点)本家

絶対的基地外映画。あるいは究極のバカップル映画。
2013年になって鑑賞。この映画の公開当時、あまりキム・ギドクを好きではなかったんだけど、今は大好き。
これは何か気に入った作品に出会ったというよりも、私の好みや受け止め方が変わったから。精神的に痛い話、見たことないものを見せてくれる映画、特異な設定で自然な感情の流れの描写、基本イッちゃった話が好き・・・という傾向が年齢とともに強まっている。振り返ってみればキム・ギドクは適役だったというわけ。
そしてこの映画は、そうした私の理想を全部満たしている。
ウヒャウヒャ言いながら楽しむ「ギドク劇場」。悲劇なんだけど度が過ぎてて笑っちゃう。

この映画、まるで抜身の刃物を振り回してるようなギラギラした印象がある。

ただねえ、あんまり語ることがないんだ。
なぜなら、登場人物が途方に暮れているのと同様、観てるこっちも途方に暮れるから。

(2006年 韓国=日)

comments

   

trackback

pagetop