September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ローマでアモーレ

ローマでアモーレ
監督:ウディ・アレン/吉祥寺バウスシアター/
★3(60点)本家公式サイト

イタリア伝統の艶笑喜劇で風味付けした、遠大な『ローマの休日』
(レビューは『ローマの休日』のネタバレがあります。むしろ『ローマの休日』のネタバレしかありません。どういうこっちゃ?)
たかだか舞台がローマっつーだけで『ローマの休日』とか言い出したぜ、このハゲ!とお思いかもしれませんが、ご安心ください。私はハゲではありません。

ご承知の通り『ローマの休日』は(このサイトをご覧の方でこの映画を知らん人はいないと思うので、思いっきりネタバレしますが)、アン王女が(彼女にとっての)非日常に身を置き、再び元の日常に戻るまでの話です。

この『ローマでアモーレ』、いろんなエピソードが登場しますが、全て『ローマの休日』と同じ物語です。
むしろ「一時的な非日常お題噺」と言ってもいいくらい。

そして、これが『ローマの休日』で最も重要なポイントですが、おそらくアン王女はローマでの思い出を胸にこれからも生きていくのでしょう。
『ローマでアモーレ』の各エピソードも同様です。
単に異常事態から脱する話ではなく、これからの人生の糧となる心の支えを得られた「非日常」。それがこの映画なのだと思うのです。

日本公開2013年6月8日(2012年 米=伊=スペイン)

comments

   

trackback

pagetop