November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

はじまりのみち

はじまりのみち
監督:原恵一/楽天地シネマズ錦糸町/
★3(60点)本家公式サイト

岩井俊二の『市川崑物語』の、原恵一の木下恵介版(<何を言ってるんだか分かりにくい)。アニメ監督の長所と短所がよく分かる映画。
木下恵介生誕100年事業ナンチャラってのがクレジットされていたので、おそらくそういう趣旨の映画なんだと思う。
もちろん原恵一は木下恵介ファンで、ただの頼まれ仕事なんかではないことは充分よく分かる。
ただ、岩井俊二の『市川崑物語』みたいな「好き好き大好きビーム」を出しまくってオカシナことになるような真似はしない。『市川崑物語』は岩井俊二の市川崑へのラブレターだが、この映画は落ち着いた「尊敬してます」映画だ。

その一方で、アニメ監督の長所と短所が如実に出た映画だとも思う。

最大の長所は構図の豊富さ。
リアカーを引くという単調な画面(えづら)を単調に見せないショットの連続。決してトリッキーな真似はせず、中村義洋がよく言う「(本当は正解なんかないんだけど)正解のショット」を丁寧に積み重ねていく。さすがだ。
こうした構図が下手だと、木下恵介目線でアオイタンを眺める『二十四の瞳』が全然説得力を持たなくなってしまう。

しかし残念ながら、多くのアニメ監督(というかアニメ脚本家)同様、多くの場面が台詞処理になる。加瀬亮とユースケ・サンタマリア兄弟の序盤の「状況説明」なんか物凄い説明台詞。これはもう、体に染み付いた「仕事病」とでも言うしかない。

人物の表情、何気ない仕草、背景、偶然吹く風に至るまで、実写とアニメは元々持つ情報量が圧倒的に違う。
描き込んで初めて画面に情報を与えられるアニメと、不用な情報を排除して必要な情報だけを画面に残す実写。この根本的な構造上の相違により、必然のようにアニメはその情報量の欠如を「台詞」で補うことになる。

皮肉にもこの映画はそれを証明してしまう。
引用される木下恵介の『陸軍』が、ほとんど台詞の無い状態にもかかわらず、なんと説得力のあることか。
ぶっちゃけ泣いたもん、この引用部分だけ。

田中絹代が凄い女優だと再認識したし、この当時としては物凄い大変な撮影をしている。
木下恵介がこんなにアクティブな撮影をするイメージがなかったので、それも衝撃だった。
『陸軍』観たい!と思ったもん。
それだけでもこの映画の狙いは成功している。

2013年6月1日公開(2013年 当然松竹)

comments

   

trackback

pagetop