November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ジャッキー・コーガン

ジャッキー・コーガン監督:アンドリュー・ドミニク/ユナイテッド・シネマとしまえん/
★3(60点)本家公式サイト

いわゆるハリウッド映画から遠く離れた野心作。原題の持つ意味が大きい。
「ジャッキー睾丸なんて言われたら見なきゃいけないよね」と園子温がシモネタ言っていたけど、本当はKilling Them Softly。
これをどう訳すかはその人次第だが、映画の宣伝では「優しく殺す」って使ってるね。
んー、それも少し違うような気がするんだ。

この映画、ブッシュやオバマの演説を流しながら、画面上で描くのは金、ヤク、酒、そして「ビジネス」。
おそらく、この映画が意図しているのは、理想とは裏腹のアメリカの病理を描くことなんだと思う。
殺し屋ブラピ大活躍の娯楽映画を期待すると痛い目にあう。

そう考えると、この映画の原題「Killing Them Softly」のThemが指すのは、殺しのターゲットのこと(だけ)ではなく、アメリカ国民全てを指しているんじゃないだろうか。
アメリカという国が「そっと殺されている」。
そういう野心作なんだと思う。

ただ、凝ったギミックが活かされてる映画じゃないよね。
この題材なら、素朴だけど力強い画面の方が合っていたと思う。
つまり、小手先の技術ばかりに目が行って、魂をえぐる作品にはなっていない。

日本公開2013年4月26日(2012年 米)

comments

   

trackback

pagetop