November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

図書館戦争

図書館戦争
監督:佐藤信介/越谷イオンシネマ/
★3(55点)本家公式サイト

少女マンガあるあるの実写化。あとはパンくわえて走るだけ。
この映画は、「憧れ(人や仕事)を再確認する」古典的物語で、いわば「あしながおじさん」であり「キャンディ・キャンディ」であり「紫のバラの人」であるわけです。

もうね、SFとして全然ダメダメで、図書館も本も全然必然性がない。
例えば、ゲームが禁止された世界でも、化粧が禁止された世界でも成り立っちゃう話。
なんなら「化粧の自由を守るためコスメ美容部員達が銃を手に戦う」って話の方が燃えるし、「エロを禁止された世界で命がけでビニ本作る話」の方が萌える。
そう考えると、『華氏451』は本でなければ成立しないSF的に正しい展開だったなあ。珍作だけど。

しかし、本作を「少女マンガ」と捉えると、非常に正しく、なかなか愉快な展開なわけです。
ぶっちゃけ、「紫のバラの人」の関係となんら変わらん。何をいまさらそんなことしてんのさ。今や読者の興味は姫川亜弓の過酷な運命の行方だってのにさ!

V6の岡田君はさあ、やってること『SP』と同じだよね。ジークンドーとかもやってるんだし、この路線で進んだら?いっそ真田広之を目指せばいい。
ついでに、この映画と関係ないけど、釈由美子は志穂美悦子を目指せばいい。
あ、『修羅雪姫』も佐藤信介だ。

2013年4月27日公開(2013年 東宝=TBS)

comments

   

trackback

pagetop