September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

第35回PFFプレイヴェント 行くぞ!オールナイト「8mm&16mm作品大集合!!」

PFF
テアトル新宿/公式サイト

オールナイトは付き合わなかったけど、中村義洋、古厩智之、井口奈己の自主映画を鑑賞。
PFFのイベントで特別上映会。半分仕事の都合もあったけど、中村義洋の自主映画を観てみたかったので、大嵐の中23時開始のイベントへ。

鑑賞したのは以下の映画。
「灼熱のドッジボール」監督:古厩智之(1992年 16mm作品 15分)
「五月雨厨房」監督:中村義洋(1993年 8mm作品 17分)
「犬猫」監督:井口奈己(2000年 8mm作品 84分)
(中村義洋、井口奈己のトークショーもあった)

この後、佐藤信介や石井裕也の自主映画もあったんだけど断念。

こないだ仕事の都合で最近の学生の自主映画を観て、いやまあ、私自身が学生時代も結構自主映画を観てきたんだけど、やっぱねえ、プロになる人は若い頃からモノが違うわ。
荒削りではあるんだけど、基本的なセンスが違う。そしてその頃から特徴が出てるもんなんだわ。

写真は会場で上映用に設置された16mm映写機と8mm映写機。
(光ってるのは固定用のテープね)
いま8mm映写機なんて中古しかないと思うんだけど、ちょっと感動的。

comments

   

trackback

pagetop