November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ぼくのエリ 200歳の少女

監督:トーマス・アルフレッドソン/CS/★4(71点)本家

ハリウッドリメイク版を先に観てしまっていたが、こっちの方が全然面白い。てか、あのリメイクの駄作っぷりは何だったんだ?
評判の高さは聞いていたのに見逃して、クロエちゃん見たさに観たクソリメイク版『モールス』だけ観ていた。
ほとんど同じ話なのに映画の出来は全然違う。
正統派奇譚物。現代のゴシックホラー。そして俺の好きな「世界に二人だけ」映画。これはイイ。

ハリウッドリメイク版の監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴスだったわけだが、おそらく「ホラー=バイオレンス」という概念しかなかったんじゃなかろうか(<勝手な推測)。だいたいロサンゼルスで生まれ育った奴が「雪で閉ざされた街」なんて皮膚感覚で描けるはずがない。

考えてみればベルイマンを生み出したお国柄。
勝手なイメージだが、スウェーデン映画は内省的なイメージがある。
ハリウッド映画は「外敵を倒す」ことに腐心するせいか、何だか「騙した女が悪いのか、騙された男が悪いのか」みたいな話に見えてしまう。

しかしオリジナル版は違う。
思い返せば、少年は最初から「ここではないどこか」を求めていたように思えてくる。
そしたらもう運命の出会いだよね。
観客は彼の行く末を案じて(というか既に提示されている)、それ故怪談・奇譚として成立しているのだが、彼にとってみれば幸せな結末だったんじゃないだろうか。

(2008年 スウェーデン)

comments

   

trackback

pagetop