November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

愛と誠

愛と誠監督:三池崇史/T・ジョイ大泉/
★4(89点)本家公式サイト

三池崇史の『けんかえれじい』にして『オペレッタ狸御殿』。ナンチャッテ70年代を彩る美術セットの見事なことよ。

ナンチャッテ70年代を舞台にしたナンチャッテ「愛と誠」。
もはや無国籍映画。もしかするとインド映画のテイストを狙っているのかもしれない。
この映画は、岡本喜八のナンチャッテ任侠映画『ダイナマイトどんどん』同様、「本気のオフザケ」映画だと思う。

しかしこれを、ただのバカ映画、あるいはB級(C級?)映画とは呼べない。
だって、映画の完成度が高いんだもん。
三池の圧倒的な腕力でいろんなものをネジ伏せてる印象がある。撮影も気合入ってるし。特に美術が秀逸。活気があって猥雑な時代をギュッと凝縮したよう。今年の美術賞をあげたいくらい。

そしてこのナンチャッテ無国籍映画、実は格闘(乱闘)シーンだけはリアルなのだ。意外に長回してたりするし。
「そりゃ三池だもん」と言われるかもしれないが、そうではない。
「愛は戦い」だからだ。

2012年6月16日公開(2012年 角川=東映)

comments

   

trackback

pagetop