November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

私が、生きる肌

私が生きる肌監督:ペドロ・アルモドバル/渋谷シネマライズ/
★4(78点)本家公式サイト

世界三大珍味監督の一人=アルモドバルの「闇鍋」。ぶっちゃけ、キ○ガイ映画。
ラース・フォン・トリアー、キム・ギドクと並ぶ「世界三大“珍味”監督」と私が呼ぶペドロ・アルモドバル。
今年はこの3人の新作が公開されて幸せだ。
私も大人になって、珍味が好きになりました。もっとシャンパンと氷持って来い!(<何の話だ?)

「くさやの干物」を求めて映画館に足を運んだのですが、予告編で想像していたものを遥かに上回る代物を提示された印象。もはや珍味どころか「闇鍋」。何が出てくるのか予想がつかない。いやもう、面白いったら。

一歩間違えたらトンデモ映画になりかねないんですが、いやアルモドバルは元々その傾向があって三大珍味監督の中でも一番B級テイストが漂うんですが、そこは圧倒的な巧さでカバーしちゃう。これねえ、稚拙な監督だったらトンデモナイことになってますよ。なんだよ、トラ男って。

でも、この映画をあれこれ読み解いたり詮索したりする気が起きない。
なにせてんこ盛りなんすよ。だって闇鍋だもん。

強いて言えば、バンデラスを主人公だと思って観るから「闇鍋」なんであって、美人女優エレナ・アナヤ視点で切り取ったら『テキサス・チェーンソー』みたいなもんなんだよね。

余談
そういや映画館に男子高校生3人組がいたんだが、ダメだよ、健全な青少年がこんな映画観ちゃ。

日本公開2012年5月26日(2011年 スペイン)

comments

   

trackback

pagetop