March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

軽蔑

軽蔑監督:廣木隆一/新宿角川シネマ/
★3(55点)本家公式サイト

『軽蔑』というより時代ハズレな『勝手にしやがれ』か『気狂いピエロ』。もしくは「歌舞伎町の女王」の「シドと白昼夢」。ある意味『秋津温泉』。嫌いじゃないが物足りない。
高良君カッコイイね。いま俺の抱かれたい男ナンバーワン。『ひゃくはち』で見初めて以来。ちょっと前までのナンバーワンはダルビッシュだったんだけどね(笑)。

中上健次の原作は未読。1992年の小説(彼の最後の長編だそうだ)としては、既に古臭いというか、意図的に“古い枠組み”の中で作ろうとした小説なのかもしれない。
それを実写にするとやっぱり古臭く見えちゃうというか、なんちゅうか。身寄りのないダンサーって・・・。

いや、役者は頑張ってたとは思いますよ。高良くんはカッコイイしね(<しつこい)。
鈴木杏もね、まあ、ポールダンスを見慣れている俺の目にはあの踊りはどうかと思うが、頑張ってたとは思う。

ただまあ、これは好みの問題なんだろうけど、俺だったらもっとファンタジーにするね。
虚構の街、架空の街で、ママゴトみたいな恋愛をして、一瞬だけ鋭い“リアル”な感情が噴出する。
そういう映画にした方がいい“枠組み”だったような気がする。

6月4日公開(2011年 角川)

comments

フキンさんおひさ。レス遅くてごめんなさい。
ね、高良君もダルも女ゴコロがざわつくでしょ。
おいらはオッサンだけど。

  • ペペロンチーノ
  • 2011/06/20 8:50 PM

ペペチーさんの「シドと白昼夢」はうまくハマッてる!!(笑)
1992年の作品だったんですか?原作!??嘘みたい〜・・・。
監督は「トゥルー・ロマンス」みたいな雰囲気を出したかったんでしょうか??(この映画のしっかり憶えてないけどなんとなく画的に)
でも、やっぱり二人の(特に彼の!)の愛の痛みがいまいち伝わってこないのがもったいない気がしました。しかし、高良くんは良いですね。高良君もダルも見ているだけで女ごころをざわつかせます・・・私があと20年若ければ・・・ちくしょー(無駄すぎる舌打ち)

  • フキン
  • 2011/06/16 3:35 PM
   

trackback

pagetop