November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚監督:園子温/テアトル新宿/
★5(90点)本家公式サイト

世間が求める「真実の物語」の真逆にある人間の内蔵をゴロッと出すような映画。ぜひ多くの方にご覧いただいて、嫌な気分になってもらいたい(笑)
「真実の物語」とか「事実に基づいた物語」と宣伝される映画は、お涙頂戴を目的とした人生の上澄みをすくったような綺麗事がほとんどだが、この映画は違う。
上澄みどころか泥底をすくったような話。
人間の内蔵をえぐり出してゴロッと提示したような映画。
登場人物のタガが外れた映画だが、観ているこちらもタガが外れてしまえばこれほど気持ちのいい映画もない(146分の長尺を一切飽きさせない話術も秀逸)。
人間の本質を暴き出せ!ドルバッキー!にゃあ!

平成の『復讐するは我にあり』とも受け取れるが
(実際の連続殺人事件をベースにしている点はもちろん、殺人者がカリスマ的な人間的魅力を有している点も似ている)、
監督の描こうとしている視点には大きな違いがあるように思う。

イマヘイは殺人犯そのものに焦点を当てているが、園子温は“巻き込まれた男”に焦点を当てている。ある意味ヒッチコック。そうかあ?

前作『愛のむきだし』同様、洗脳や恐怖によって「思考を奪われた人間」をモチーフにしているのではないだろうか。
もしかすると、本当に恐ろしいのは、残忍な犯行よりも「思考を支配される」ことなのかもしれない。

余談

「自分の信じた道を突き進め!」という助言が世の中にあるが、でんでんが怪演する人物は正にそうだよな。
『ソーシャル・ネットワーク』の主人公とこの映画のでんでんは同じに見えるんだ、俺には。

2011年1月29日公開(2010年 日活)146分

comments

フキンさんならたぶん大丈夫です(笑)
こういう映画、ダメな人は全然ダメですからね。
「猛毒エンターテイメント」と宣伝文句にありますが、本当です。

  • ペペロンチーノ
  • 2011/02/04 12:24 PM

こんにちは!これ面白そうですよね〜♪ペペチーさんのレビュー拝見して一層観たくなりました。
でんでん、なんか懐かしい・・・。
そして私は知らなかったドルバッキーの歌をyoutubeで見てしまいました。(笑)

   

trackback

pagetop