December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

しあわせの雨傘

しあわせの雨傘監督:フランソワ・オゾン/新宿ピカデリー/
★3(62点)本家公式サイト

オゾン的吉本新喜劇。ドヌーヴ最強女優証明映画。
いやもう、なんだか分からんが、ズッコケないだけで、ほとんど吉本新喜劇のノリ。
なるほど、我々は「ツッコミ」と「ズッコケ」で笑ってる場合が多いんだな。

原題は「置き物」とかいう意味らしい。劇中にも出てくる、「飾り壺」というところだろうか。
タイトルに掲げているからには、喜劇のオブラートに包んではいるが、「女性の社会進出」(あるいは「男女不平等」)というテーマをマジで取り扱っているのだろう。
オゾンは、ホモセクシャルやレズビアンなど“性”を取り扱うことが多い。
ある意味、その延長線上の思想なのかもしれない。

しかし何と言っても、これはカトリーヌ・ドヌーヴの“貫禄”の映画である。
実は単なる「飾り壺」ではない、若い頃も結構奔放だったのよみたいな、これはもう【カトリーヌ・ドヌーヴ】という“記号”があって初めて「さもありなん」と思える作りなのだ。ドヌーヴ最強。

そうか。そう考えると、吉本新喜劇というよりも、お涙頂戴がない「藤山直美人情喜劇」の方が近いか。

日本公開2011年1月8日(2010年 仏)

comments

   

trackback

pagetop